“勝麟”の読み方と例文
読み方割合
かつりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男谷と言えば、その次には、今時の今堀、榊原、三橋、伊庭、近藤というあたりに及ぶべきところだが、会談がって島田虎之助が出る。島田を言う次に、勝麟が出るような風向きになりました。
この五歳になっていた倅が、今時評判になっている勝麟なのだ。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
勝麟は、勤王と倒幕の才取のために生きている」
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)