“勝山髷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かつやままげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勝山髷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
古市の遊女は、勝山髷かつやままげ裲襠しかけというような派手はでなことをしなかった、素人風しろうとふう地味じみ扮装いでたちでいたから、女によっては、それのうつりが非常によく、白ゆもじの年増としまに、年下の男が命を打込むまでに恋をしたというような話も往々あることでした。
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)