“出掛際”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
でかけぎは50.0%
でかけぎわ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云ひかけて、句を切つて、それから急に思ひ出した様に、此間て呉れた時は、平岡が出掛際だつたものだから、大変失礼して済まなかつたといふ様なをして
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
と云いかけて、句を切って、それから急に思い出した様に、この間来てくれた時は、平岡が出掛際だったものだから、大変失礼して済まなかったという様なをして
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)