“其地此地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そちこち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“其地此地”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに喜兵衛が野口家の後見となって身分がきまってから、故郷の三ヶ谷に残した子の十一歳となったを幸手に引取ったところが、ままの母との折合おりあいが面白くなくて間もなく江戸へ逃出し、親の縁を手頼たよりに馬喰町の其地此地そちこち放浪うろついて働いていた。