“八尾:やを” の例文
“八尾:やを”を含む作品の著者(上位)作品数
大町桂月1
野村胡堂1
“八尾:やを”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
番頭の源助は四方あたりを見廻しながら言ひきりました。駒吉もお八尾やをもそれに異はありません。
佛樣の前を飾つて、まめ/\しく供養してゐるのは、相變らず淋しさうな本妻のお八尾やをです。
一 八尾やを八作やさく八峯やみね八つ塚大杉の森の中なる大伽藍哉
鹿野山 (旧字旧仮名) / 大町桂月(著)