“儲口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もうけぐち66.7%
もうけくち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“儲口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
儲口もうけぐちを離れた普通の浮世話になると、彼はまた非常に豊富な材料の所有者であるという事を容易に証拠立てる。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
儲口もうけぐち
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「さんちゃんか、お前じゃあるまいし、儲口もうけくちなんか捜して歩くものかい」
女の首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「おい新さん、好い儲口もうけくちでもあるかい」
女の首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)