“俳諧的”の読み方と例文
読み方割合
はいかいてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしこの映画を一種の純粋な情調映画と見なし「俳諧的映画」の方向への第一歩の試みとして評価するとすれば相当に見どころのある映画だと思われる。
映画雑感(Ⅳ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
人間があそこまで裸になるということは俳諧的心境ではないんだ、きみは廊下にへいつくった彼の姿から眼をそむけたが、あの姿に人間ぜんたいの原罪を感ずることができなければとうてい文学を
陽気な客 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
自分のいわゆる俳諧的編集の場合に起こるような愉快な感じは起こらない。
映画雑感(Ⅱ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)