“休坂”の読み方と例文
読み方割合
やすみざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
休坂を下りて眞砂町の通りへ出た時は、主筆と私と八戸君と三人になつて居た。『隨分贅澤な會をりますねえ。』と私が云ふと
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
休坂を下りて真砂町の通りへ出た時は、主筆と私と八戸君と三人になつて居た。『随分贅沢な会をりますねえ。』と私が云ふと
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
まだ忌々しさが殘つて居たが、それも空腹には勝てず、足を緩めて、少し動悸が治まると、梅澤屋と云ふ休坂下の蕎麥屋へ入た。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)