“仕懸花火”の読み方と例文
読み方割合
しかけはなび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どれが原因ともどれが結果とも分らないような迅速の度合で、津田の頭の中を仕懸花火のようにくるくると廻転した。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)