“仏画”の読み方と例文
読み方割合
ぶつが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それはよいあんばいでございました」お米は店の壁にかけてある金泥仏画をうつしたり、の端をいじったり、何かもじもじしていた後に、やッと心の奥のものを持ちだした。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)