“今西村”の読み方と例文
読み方割合
いまにしむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今西村兵右衛門と云へる有徳なる百姓ありけるが、かの家にめし使ふ女、みめかたち人にすぐれ、心ざまもやさしかりければ、の兵右衛門おりおりびかよひける。
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
我は今西村兵右衛門に奉公致すものなるが、しかじかのことにてむなしく成る。
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)