“仇討劇”の読み方と例文
読み方割合
あだうちげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今なら舞台監督兼作者となったのが水蔭で、一番目の『怨切子燈籠』という半世話物の仇討劇も二番目の何とか太平記といった大塔宮吉野落を材とした一幕物も皆水蔭の書卸しであった。