“仇討輪廻”の読み方と例文
読み方割合
あだうちりんね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三番目「仇討輪廻」では、多血質、胆汁質、神経質とでも言うか、とにかく性格のちがう三人兄弟の対仇討観らしいものが見られる。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)