“仁田彦十”の読み方と例文
読み方割合
にったひこじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その「弓の直し屋」は、小六正勝の部下で、仁田彦十といい、ついこの間まで、蜂須賀村のひとつ邸にいた男なのである。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)