“仁田山晋六”の読み方と例文
読み方割合
にたやましんろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
里見の天海たる丶大や防禦使の大角まで引っ張り出して幕下でも勤まる端役を振り当てたごしらえは大掛りだが、肝腎の合戦は音音仁田山晋六の船をいたのが一番壮烈で
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)