“人食鮫”の読み方と例文
読み方割合
ひとくいざめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まて、まて、いくらんだって駄目だよ。もうすぐに霧があがるからね、それまで我慢していろ。——お前のようにそんなにへ乗り出してると、人食鮫にとびつかれるぞッ。」
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
そして、その底には、恐しい人食鮫が、大群をつくって泳いでいるのである。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)