“人橋架”の読み方と例文
読み方割合
ひとはしか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嫁入りも婿取りもらめて居ると、江戸で五番とは下らぬ大町人室町の清水屋總兵衞の伜總太郎が見染めて、人橋架けて嫁にくれるか、それがいやなら、持參金一萬兩で聟に來ても宜いといふ話だ。