“人三化”の読み方と例文
読み方割合
にんさんばけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の喜八郎はヘナヘナ野郎で、あの人三化七の娘のお米にへばり着いて、後生大事に御機嫌を取結んでゐるのは、いづれこの家の身上を狙つてゐるに違ひないといふ評判で。