“京兆府”の読み方と例文
読み方割合
けいちょうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車はようやく京兆府まで逃げ走ったが、一時は曹操も、ここに死すかと、観念の眼をふさいでいたようであった。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)