“于思盱目”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うさいかんもく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“于思盱目”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鍾馗の諢名あだなのある于思盱目うさいかんもくの温が、二人の白面郎に侮られるのを見て、嘲謔ちょうぎゃくの目標にしていた妓等は、この時温のそばに一人寄り二人寄って、とうとう温を囲んで傾聴した。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)