“下座先触:げざさきぶ” の例文
“下座先触:げざさきぶ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“下座先触:げざさきぶ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、半刻はんときほどは舟止めとなり、ウロ舟、物売り、石垣舟、すべてが影をひそめてしまうところは、ちょうど陸における大名行列が下座先触げざさきぶれの法式と変りがない。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)