“下司塵垢:げすじんこう” の例文
“下司塵垢:げすじんこう”を含む作品の著者(上位)作品数
久生十蘭1
“下司塵垢:げすじんこう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
馬まわり五百石。多端の折から、あっぱれ花も咲かすべきその身が、下司塵垢げすじんこうの下飼人。いやな顔ひとつ見せるどころか、かいがいしいばかりのつとめ孝養。見るにつけ思うにつけ
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)