“三刻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みとき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三刻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「銭形の、引揚げようか。約束の夜明けにはまだ三刻みときもあるが、俺はここに用事がねえよ」
祝言のある夕方の六ツ半までには、あとわずか三刻みとき。盃のすまねえうちになんとか埓をあけなくちゃならねえンだから、こんなところでマゴマゴしちゃいられねえ。ともかく小塚っ原の投込場なげこみばへ行って八間堀へ浮いた首なし女の死体をあらためて見ることにしよう。
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)