“七色蕃椒屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なゝいろたうがらしや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“七色蕃椒屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこで今度の茶番にも此手段を用ゐた。舞台を設けた小野の家は薬研堀だから、借りた品物を夜運ぶには、道の近いのが好い都合であつた。薬研堀の小野の邸は、丁度今七色蕃椒屋なゝいろたうがらしやのある地所の真向であつた。借りた品物の中には切落の浅葱幕あさぎまくや下座の大大鼓などまで揃つてゐた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)