“ひまわり”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
サン・フラワー100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“ひまわり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして、この、物理の懊悩おうのうと、天体の憂患と、犬猫いぬねこ狼狽ろうばいと、人知の粉砕のすぐあとに来たものは、ふたたび天地の整頓せいとんであり、その謳歌おうかであり、ひまわりサン・フラワーどもの太陽への合唱隊だった。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)