“ムラムラ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:むらむら
語句割合
邑々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其は其として、昔から家の娘を守つた邑々ムラムラも、段々えたいの知れぬ村の風に感染カマけて、忍びヅマの手に任せ傍題ハウダイにしようとしてゐる。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)