“ピューマ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
米獅50.0%
亜米利加獅50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爪牙を尖らせ他の諸獣をいで一向彼女に近づかしめず、見物一同これほど奇特な米獅に免じて彼女を赦さずば、人間が畜生に及ばぬ証明をするようなもの
米獅これを徳とし産後外出して獣をち来て肉を子供と彼女に分ちくれたので餓死を免がれた、そのうちインディアンが彼女をり、種々難儀な目に遭わせたが
広野に彷徨う中ある窟に亜米利加獅の牝が子を産むに苦しむを見、大胆にも進んで産婆の役をして遣った