“バケツ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ばけつ
語句割合
馬穴75.0%
馬尻25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は急にせわしそうに、台所に立って行くと、馬穴バケツをさげて井戸端いどばたへ水をみに出た。
魚の序文 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
縁側には、七輪や、馬穴バケツや、ゆきひらや、あわび植木鉢うえきばちや、座敷ざしきは六じょうで、押入れもなければとこもない。
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
彼は赤い手を無言のまま働らかしながら、馬尻バケツの中で雑巾ぞうきんしぼって障子のさんを拭き出した。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)