“ノスタルジー”の漢字の書き方と例文
語句割合
郷愁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佇んでこれ等の遠望を恣にして居るうちに、私は不図、海路平安とだけ刻まれた四字の間から、海上はるかに思をやった明末の帰化人の無言の郷愁ノスタルジーひしと我心にも感じたように思った。
長崎の一瞥 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)