“トンボ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:とんぼ
語句割合
秋津50.0%
脈翅50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は此の頃、道を歩いてゐて秋津トンボが自分の近くに飛んで来ると、それが親戚の人か何かのやうに思はれるのだつた。………
蜻蛉:――飜弄さる (新字旧仮名) / 中原中也(著)
脈翅トンボ。ギン(5セン)トラ(同じく)アカ及びシホカラ其他(2)
真夏の朝のひとゝき (新字旧仮名) / 牧野信一(著)