“クレープ”の漢字の書き方と例文
語句割合
縮紗100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の魂を夢の宮殿のうちに入らしむるには、薄紫の飾りひもある白縮紗クレープの帽子の下にちらと見ゆる、ただ、一つの微笑にて足りる。
別に取り繕った様子もないが、さっぱりした豊かな優美さをそなえた服装みなりをしていた。黒い緞子どんすの長衣と同じ布の肩衣と白い縮紗クレープの帽子をつけていた。
そしてそこを、その要塞ようさいの大砲の下を、通ってゆく時、恐ろしく胸が動悸どうきするのを感じた。彼女は前日のとおり、緞子どんすの長衣と縮紗クレープの帽子とをつけていた。
始めて黒緞子の長衣と外套がいとうとをつけ白縮紗クレープの帽子をかぶって外に出かける時、コゼットは喜び勇み笑み得意げに嬉々ききとしてジャン・ヴァルジャンの腕を執った。