“れいびん”の漢字の書き方と例文
語句割合
憐愍100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この男のわざの拙劣なのに憐愍れいびんをさえ催していたのであったが、どういうわけか
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)