“ひとつきふたつき”の漢字の書き方と例文
語句割合
一月二月100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一月二月ひとつきふたつき小野田の住込んでいたたなでは、毎日のように入浸いりびたっていたお島は、平和の攪乱者こうらんしゃか何ぞのように忌嫌いみきらわれ、不謹慎な口の利き方や、やりっぱなしな日常生活の不検束ふしだらさが、妹たち周囲の人々から、女雲助か何かのようにはばかられた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)