“ひとかけら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一塊片50.0%
一欠片50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここで校長はへんてこに軽い葡萄酒の容器と、へんてこに重い菓子の一塊片ひとかけらとを持ち出して、若い人々にそれ等の御馳走を一人分ずつ分けて遣った。
旅費のつかい残りで、すぐに石油を買う体裁ていたらく、なけなしの内金で、その夜は珍らしくさかなを見せた、というのが、苦渋いなまり節、一欠片ひとかけら
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)