“ひぎょ”の漢字の書き方と例文
語句割合
飛魚100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
キラキラと風を縫って、飛魚ひぎょのごとく飛んだかと見るまに、今しも、かどをそれようとした、お綱の真白いかかとのあたりへ——。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)