“ばいかがた”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅花形100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
320x100
台所のひさしから家根やねに飛び上がる方、家根の天辺てっぺんにある梅花形ばいかがたかわらの上に四本足で立つ術、物干竿ものほしざおを渡る事――これはとうてい成功しない、竹がつるつるべって爪が立たない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)