“ばいうちゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅雨中100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今年の梅雨中ばいうちゅうには雨が少かったので、私のおい硝子がらすの長い管で水出しを作った。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
PR