“つばぐち”の漢字の書き方と例文
語句割合
鍔口100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天狗星てんぐせいの流れます年の春には花頂若王子にゃくおうじのお花御覧、この時の御前相伴衆ごぜんしょうばんしゅうはしは黄金をもってべ、御供衆おともしゅうのは沈香じんこうを削って同じく黄金の鍔口つばぐちをかけたものと申します。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
天狗星てんぐせいの流れます年の春には花頂若王子にゃくおうじのお花御覧、この時の御前相伴衆ごぜんしょうばんしゅうはしは黄金をもつてべ、御供衆おともしゅうのは沈香じんこうを削つて同じく黄金の鍔口つばぐちをかけたものと申します。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)