“っ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おとうさんはお年を召してから、あんたの肉筆の短冊を何処かで買い求めて来なさって、ときどき取出しては人に自慢に見せたり自分でも溜息ためいきをついては見ていらっしゃいました。わたしがあのお子さんにおしゃったら幾らでもじかに書いて下さいましょうにと申しましたら、いや、俺はあの娘には何にも言えない。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
真赤な鸚鵡が飛び出して、東の方へ飛んでた。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
大きな鏡が現われて、南の方へ飛んでた。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)