“ちょっとめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一寸目50.0%
瞥見50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓮月没後のにせものは、一寸目ちょっとめでは判じきれぬほど巧者に似せてあったり、さきにも述べた近頃の作品のように、流れを汲んでおのずからよろしいのもあるというふうである。
蓮月焼 (新字新仮名) / 服部之総(著)
瞥見ちょっとめにはこれも馬の糞生写いきうつしな菌である。