“ぜいぜい”の漢字の書き方と例文
語句割合
喘々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
終ひには息を切らして喘々ぜいぜいするのであるが、私はわざと捉まつてやつて可いのであるけれど、其処は子供心で、飽迄も/\身を翻して意地悪く遁げ廻る。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)