“じゅうぜい”の漢字の書き方と例文
語句割合
柔脆100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新火山のことだから、土の締まりは、しッくりしていない、むしろ危ッかしいほど、柔脆じゅうぜいの肉つきではあるが、楽焼らくやきの陶器のような、粗朴な釉薬うわぐすり
火と氷のシャスタ山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)