“じばつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自跋50.0%
自閥50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊にこの詩巻の自跋の数行はのびのびとしていて力強く、「水漲一丈、堤上泥深一尺」あたりの快さは無類である。随分癖のある書だが、それが少しもいやでなく、わざとらしくもない。
黄山谷について (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
藩臣のうちには、いまだにかれの心事もわからず、その事業に対しての不平やら、あげつらいやら、またこういう際にも、汲々自閥の利と勢力扶植にばかり策謀しているものも多い。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)