“じっぽうしらぬいりゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
十方不知火流100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十方不知火流の秘伝中の秘伝、奥の奥の奥の、そのまた奥の、ずっと奥の——どこまでいってもりがございません……奥の手。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
江戸は妻恋坂に、あの辺いったいの広大な地を領して、その豪富諸侯をしのぎ、また、剣をとっては当節府内にならぶものない十方不知火流の開祖、司馬老先生の道場が
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)