“じちんかしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
慈鎮和尚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時の席次に於ても慈鎮和尚(僧正)・菩提山の僧正(信円)何れも一隠遁の平民僧である法然に向って正座を譲られた。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
(間)私が比叡山で一生懸命修行しているころであった。慈鎮和尚様の御名代で宮中に参内して天皇の御前で和歌をませられた。その時の題が恋というのだよ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)