“じしんかとう”の漢字の書き方と例文
語句割合
地震加藤100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのあいだにも大地の震動はいくたびか繰返された。わたしは花むしろのうえに坐って、『地震加藤』の舞台を考えたりしていた。
火に追われて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
女寅、染五郎、新蔵、舛蔵などの青年俳優で、第一回興行は「地震加藤」と「黒船忠右衛門」と「」であったが、いずれも好評で、久しぶりで赤坂に歌舞伎の花を咲かせた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)