“じごくやど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淫売店50.0%
私娼窟50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤沢の女郎屋は遠いから、長谷あたりの淫売店へ行けば、いつでも起きていらあ、一所にお前も寝て来るが可い。「じゃあ直ぐと参ります。「御苦労だな。「なんの貴下。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二人は私娼窟へはいったが、しばらく経つと化かされたような、トボケた顔をして飛び出して来た。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)