“じうさん”の漢字の書き方と例文
語句割合
十三歳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五つ六つ、七八つで母親を亡くした人を見ては、もああなるのではあるまいかと運命を恐れながら十三歳に迄なるのを見ました。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
四郎は二歳ではありませんか、と同じ顔をした同じやうな性質を持つて生れた四郎を、私はどうかするともう十三歳に迄してあると云ふやうな誤つた安心を持つて見て居なかつたでせうか。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)