“しんりゅうにきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新柳二橋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治五年新富町の劇場舞台開きをなせし時、新柳二橋の歌妓両花道に並んで褒詞を述べたる盛況は久しく都人の伝称せし所なりけり。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
国周は専ら役者狂言の図を描き二代目の国貞(梅蝶楼と号す)は美人と『田舎源氏』とを描けり。余は猩々狂斎の背景に二代目国貞が新柳二橋の美人を描きたる一枚絵に時としてき者あるを見たり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)