“しんやしき”の漢字の書き方と例文
語句割合
新屋敷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大宝寺町の大工庄蔵の弟子で六三郎という今年十九の若者が、南の新屋敷福島屋の遊女おと、三月十九日の夜に西横堀で心中を遂げたのである。
心中浪華の春雨 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
関東の方では何々新田というのがその近世のものの名であり、近畿地方には新屋敷今在家などがそれに該当する。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)